町田まいにち

仕事辞めました。実家を出ました。ものをへらして、軽く生きたい。

惜しみなくさりげなく贈り物をする大人でいたい

と、また格好つけたタイトルを書きました町田です。

 

先日、よく会う友だちから家族旅行のお土産をもらいました。かわいい。

f:id:htnmachida:20180612210201j:plain

総勢11名の集合写真、なんだかかわいらしかったです。小さいお子様も多いのに全員そこそこカメラ目線…、揃えるの大変だっただろうな!笑

 

わたしもこのご家庭には別の友だちとよくお邪魔したり、遊んでもらったりしてるので、お礼と言ってはなんですが旅行に行ったらお土産を持っていきますし、お邪魔するときは時々子どもたちへお菓子を買っていきます。クリスマスシーズンには大人にはシュトーレン、子どもにはスノーブーツのお菓子を買って行ったこともありました。子どもが即座に「なにこれー!」と食いついてくれて、引きずっていったかわいい姿…、買って行き甲斐があるというものです。かわいいんだーみんな。

 

というわけで、贈り物がすき!という話。同居人にもクリスマスや誕生日には贈り物をしていますし、父の日母の日は大人になってからより重視するようになりました。友だちにも、必ずというわけではないですが、誕生日やクリスマスやバレンタイン、近いタイミングで会ったら何かしら贈っています。

思いがけずプレゼントをもらってわっと驚き喜ぶ顔が見たい、というのが正直なところです。たまらなくハッピーな瞬間ですよね!

30歳の節目には、仲のいい友だち6人、順番にサプライズをしました。…30の年に一周やったら満足して、その後は大したことしてませんが!笑

 

ここ1年のわたしはしかし、仕事を辞めて、数ヶ月はバイトもなにもしていなかったし失業給付金もなくて、貯金はちょっぴりあれど収入がない…という不安定な状態でした。現在も、バイトはしていますが社員として働いている状態よりはやや収入が少ないです。

 

でも!

それでも、贈り物をする人でいたいなと思っています。

 

といってもやっぱり金額は無理できませんが、考えて選んだ、わっと喜んでもらえるような何かを贈りたい。金額よりも、実際に喜んでもらえるものを選ぶ!というところを重視したいです。難しいんですけどそこもたのしい。自分がたのしみたいがために贈り物をしているふしがあります。

 

近々で訪れる贈り物チャンスは父の日です。百貨店と、近所になぜか朝行列ができていることもある酒屋さんがあるので、そこも覗いてみようと思っています。なにをあげてもきっと喜んでくれる父ですが、どうせならやっぱりちょっとでもいいものを!