町田まいにち

仕事辞めました。実家を出ました。ものをへらして、軽く生きたい。

スキル不要の在宅ワークの落とし穴?やってみてわかったデメリット

30代フリーターの町田です。先日、↓こんな記事を書きました。 

スキルがなくても取り組める副業!というお話でした。

 

その中で触れたのが有名なクラウドソーシングサイト、CrowdWorksです。ホームページ作成、ロゴ制作、記事作成などなどのお仕事を、オンライン上でクライアントが依頼→オンライン上でワーカーが受け、納品する、という場を提供してくれています。

わたしはまだまだひよっこワーカーではありますが、いいクライアントさんと巡り合えたこともあって、無理せず月に1万円くらいは収入を得ることができています。 

 

が、クラウドソーシングにはデメリットもあります。前回の記事でそのあたりに触れなかったことにふと気づいたので、今回はそのあたりをまとめてみます。…マイナスなことだけではアレなので、ちゃんとメリットも! 

クラウドワークスのデメリット

タスクだけでは稼げない

クラウドワークス上で募集されているお仕事には、タスク、プロジェクト、コンペという主に3つのスタイルがあります。その中でいちばん簡単なのがタスク。さくっと早い者勝ちで済ませられるもので、単純作業に近いです。

アンケートで1円とか、体験談を200文字書いて40円、ドラマの感想500文字で100円とか。字数も少なく内容もさほど難しくなく、初心者にはありがたいのですが、こればかりでは正直まとまった額にするまでに時間がかかります。

文章を書くことに慣れたら、早めにプロジェクト形式などに切り替えていくのがおすすめです。

相手の素性がわからない

依頼してくれるクライアントさんは、正直何者かわかりません。会社のような名前を名乗っていたり、所在地を書かれていたりしますが、顔の見えない相手とやり取りすることになります。本人確認書類を出している方もいますが、もちろん出していない方もいます。多くはおそらく個人の方なのかな?という印象です。

依頼が続くとは限らない

相手の素性がわからない、という部分にも通じると思いますが…、クライアントさんが続けて依頼を下さっていても、それはずっと続くとは限りません。急に打ち切られたり、次の依頼まで思った以上に間が空いたりと、いろいろなケースがあります。

なので、仕事としてあてにするには弱いですね。

<広告>

 

クラウドワークスのメリット

仮払いがあるので安心 

クライアントさんがクラウドワークスへ仮払いをする、というシステムがあります。クラウドワークスが報酬を預かってくれているので、万が一クライアントさんが逃亡しても、クラウドワークス事務局が調整してくれる!らしいです。

プロジェクトのお仕事などするときは、必ず仮払いの後で作業を始めましょう。 

自由にお仕事を選べる

ものすごく良い言い方をすると、そう。自由です。締め切りさえ守れば、どのお仕事を選ぶかも、いつどこでお仕事をするかも自由!わたしは基本、長く依頼をくださる方のお仕事をメインにして、時々気が向いたり時間が空いたらドラマの感想などのタスクもしています。

プロジェクトをいくつも掛け持ちしてもいいし、少額でもタスクだけやったっていいし、いろんなパターンが可能です。

ただ、どのお仕事にも締め切りはあるので、宿題はいつもぎりぎりに出していた…という方には向かないかもしれません。

まとめ 

デメリットもありますし、わたしも今後ガッチリ続けていけるかはわからないのですが、基本的にはCrowdWorksは大変おすすめです!またさらなる成果を上げられたら、ここでも書いていこうと思います。

 

にほんブログ村テーマ ネットで副業&お小遣い稼ぎ!へネットで副業&お小遣い稼ぎ!

にほんブログ村テーマ 収入2倍!自分らしく楽しく稼ぐネット副業へ収入2倍!自分らしく楽しく稼ぐネット副業