町田まいにち

仕事辞めました。実家を出ました。ものをへらして、軽く生きたい。

お気に入りしか持たない、

…って言いたい!町田です。30代、フリーター、ふたり暮らし、目指すはシンプルライフ。

 

すっきりした部屋にあるのはほんの少し、お気に入りの道具や衣類だけ。ひきだしやクローゼットを開けても、ものの占める面積よりなにもない空間の方が広い。ミニマリストの一般的な良いイメージと言えばそんなふうだと思うんですが…、何をどうしたらそうなれるんでしょうか?

 

わたしは服は制服化つまんない派ですし物欲も終わらないし買い物はすきだし、未処理のものは目につくところに出しておきたいし(忘れる)、というわけでがらーんとした部屋にはなかなか行きつけそうにありません。

そもそもそういうのが無理なタイプの人間なのか、それともあといくつかの執着かなにかを手放せばそうなれるのか?

 

いつだってもっとすっきり暮らしたいと思ってるんですけど、なかなか。自然に、ふと気づいたらすっきり暮らしてた…!っていう領域に行きたいものです。それには、ひとつずつ振り返って正していくしかないような気もしています。出しっぱなしをやめるとか、買い物を一定期間やめてみるとか。ひとつずつ、かつ断固とした方法で。

 

ただ、そんなわたしでも、現在ほとんど所持していない、というものもあります。

 

それが食器と、

 

本はほとんど実家に置いてきてるので、まあ、ズルなんですけど。それでも、一度実家を出たことをきっかけに、いまいる場所は仮住まいで、ここにずっといないかもしれない、引っ越すかもしれない、という意識が芽生え、増やせなくなりました。

重いから…本。

読みたいけど増やせない状況です。いまの部屋に越してきてからは、どうしても!な漫画だけ何冊か買いました。

 

そして食器。

f:id:htnmachida:20180517234310j:plain

お気に入り。おしゃれな友だちの結婚式のカタログギフトですが…。

 

ほんとうに最低限しかありません。食器棚がないので増やしてもしょうがない、というのがそもそもの理由ですが…、でも、暮らしていて増やす必要も感じません。ほしいけど必要ない、この複雑な気持ち。かわいいカレー皿とかほしいけど、丼でカレーは食べられるのでたぶん買わないでしょう。だいたいそんな感じです。次になにか買うときは(破損でもしないとたぶん買い足しませんが)、その反動でものすごく迷いに迷って買うことになりそうです。

そうやって今後もお気に入りだけを揃えていきたい、という話。でした。

 

にほんブログ村テーマ シンプルライフへシンプルライフ

にほんブログ村テーマ ちょうどいい暮らしへちょうどいい暮らし

にほんブログ村テーマ おうちをきれいにへおうちをきれいに