町田まいにち

仕事辞めました。実家を出ました。ものをへらして、軽く生きたい。

ミニマリスト?失敗しない服の買い方を模索する(買い物中にテンション上がったら必ずやること3つ!)

ミニマリストみたいなものになりたいと思いつつ、ミニマリストって結局のところ何?とも思っています。こんにちは町田です。そして先日、服を買わなくなったと書いたんですけれど(買わなくなった服の話)、物欲・服欲がなくなったわけではないです。

欲しいけど、見るのはだいすきだけど、さほど買うには至らない。

ということが増えました。

物欲まみれでもなぜ買うには至らないのか?というそのあたりの話をします。

買い物のテンションを抑えるコツ

見た目だけですきだと思える服って、いっぱいあるんですよね。わたしは柄がすきで、幾何学模様のスカートやボタニカルな刺繍の入ったジャケット、アニマル柄がポイント使いされたパンプス、など目につけば「かわいい!すき!」って思いがちです。

だから見るのはほんとに楽しいです。

 

しかし、すきなものと似合うもの・着こなせるもの・着たときにもすきと思えるものはまた別なことがありますよね。ぱっと見てかわいいと思って買っちゃったけど、いざ身に着けようとするとなんか引っかかる…みたいな。

そういう経験を積んで、「かわいい!」と盛り上がったときに必ずしておきたいことが3つ。

 

・試着する

・飽きるかも、とかいろいろ想像する 

・一旦その場を離れて落ち着く

 

もうほんと、これだけです!

まずひとつ、試着。試着してめちゃくちゃ似合ってしまったら買うしかない感じになっちゃうのでアレなんですけど…。試着して、なんかぱっと見で惹かれたのとは違うな、って場合も大いにあります。現実を見る。大事。

ふたつめ、想像。柄だから飽きるかも、持ってるものに合わないかも、ほんとに今年のこの季節しか着ないかも。ワンシーズン着倒せば気が済むからオッケー!という派の方は、この想像は役に立たないかもしれません。わたしはワンシーズンのための買い物はやめたので、飽きるかもと思ったら買えないです。あとは、有名プチプラ店のものだと、人とかぶるかも、とか。道行く人を見て、柄で(あ、あのお店のだ)って気づくことがあるんですよね。花柄の商品でありがち。ローリーズファームのレギパンがすごく流行ったときにしょっちゅう(あ、)と思ってました。あとはゴブランのショートパンツか何かが流行ったときとか…。柄でばれるってなんか嫌なので、わたしにとってはけっこうブレーキになります。

気を取り直してみっつめ、離れる。離れて他のお店を見てるうちによりよいものに巡り合うこともありますし…、戻ってまで買わなくていいか。と思うこともあります。それも大人になったからかな(体力の低下)。

 

それでも成功も失敗もいまだあります、というわけで以下、今年に入ってからのお買い物をなんとなく振り返ります。

<広告> 

 

失敗したかもしれない買い物 

f:id:htnmachida:20171223234023j:plain

ZARAで、なんか勢いよく買ってしまった服。着てますけど出番が少ないです。寒い時期に、好き!と思って春向けの薄手のを買ったんですが、いざ春になるとちょっと気分じゃない…。やっぱりその時期にすぐ着るものを買うべきだなーと思いました。鮮度。

f:id:htnmachida:20171223234152j:plain

手前の靴がちょっと足に合わなかったようです。これは買うときのテンションあんまり関係ないですね。靴は難しい。あと、手持ちのフットカバーだとふちがはみ出てしまいます。素足ではくべきか…。

大成功した買い物 

f:id:htnmachida:20180511140026j:plain

クリアのピアス。今っぽさを取り入れたいとき、そのときの気分でピアスを買うのはすごくいいです。顔まわりの雰囲気でイメージも変えられますし、だいたい安いですし。次はクリア素材の入ったサンダルが欲しいところ…物欲…。

って、成功例が服じゃないっていうね!?

↑このとき買ったスカートは、今後オールシーズン大活躍する予定です。あと、今年で言うとバイト用に買った服も当然ながら大活躍中。なのでトータル9勝1敗くらいの感じですね。

 

というわけでミニマリストが何かはやっぱりよくわからないんだけど、こざっぱり暮らしたい。こざっぱり。そのための模索は続きます。

 

にほんブログ村テーマ シンプルライフへシンプルライフ

にほんブログ村テーマ 服を減らすへ服を減らす