町田まいにち

30代、仕事を辞めました。実家を出ました。

オフィス系アルバイト初心者が注意している5つのこと!

どうも町田です。先週まで無職でしたが、突然アルバイトをはじめました。月の頭に電話で誘われ、月半ばくらいに履歴書を出し待機、月末から労働がはじまったという一連の流れです。

www.machida2017.com

この↑記事のなかでは、

週明けからアルバイトが始まる予定です。といってもシフトもなにも決まっていない(と思う)ので、とりあえず行ってみないとわかりません。年内の営業日中は続くのか、それともきちんとスタートするのは年が明けてからになるのか?

ひとまずアルバイト優先の年末になりそうです。といっても年末ぎりぎりまでは営業しないはずなので、あとはのんびりします。

と余裕かましていたのですが、まあ週明けてみたらその日からがっつりアルバイト始まりまして、シフトはなんとなく日々のなかで決まっていき、そこから数日ですが連続で1日8時間労働して参りました。あっそんないきなり!?と思いましたが…、体験したことのないタイプの労働で新鮮でした。

そんななかでわたしがここ大事!と思ったオフィス系労働を初心者がする場合のポイントを順に説明!

f:id:htnmachida:20171231174123p:plain

オフィス系アルバイトの重要ポイント!

1:とにかくメモを取る

はい。取りまくっております。何も言われてないけどいるよね?と思って持っていっててよかった、そりゃいりますよね。

仕事内容、難しいことはないですから~!って事前に聞いてましたが、ふつうにさらっと説明されただけではまあ覚えられませんでした。ですよね!

 

事務系、普通のエクセルなども触ることはありますが、普段触らないというか、その業界独自、会社独自の端末やらシステムやらがある場合があります。前職でも独特なシステムを使ってましたが、そりゃよそでもありますよね。なんなら前職の方が見てすぐわかるタイプで楽ちんでした…。

 

なので、わからないこと、あとはわかった気がすることもとにかくメモします。わかった気がしてても、後からひとりでやろうとするとスポーンと忘れちゃったりするから!

後から「あれ書き洩らした気がするな!?」っていうところをこそこそ聞いたりしながら足したりもしますが、その場合も“メモを取るぞ!という姿勢”を見せておけば…なんとなく聞きやすい…気がする。やる気アピールのためにもメモは必須です。

2:取ったメモは後から整理する

わたしはなんなら別の小さめノートに整理して書き直そうかと思っております。

説明を聞きながら書き殴ったメモはまあ汚いですし、てのひらサイズのメモ帳を使っているのでややこしい操作は1ページに書ききれず何ページにも及んでいます。その操作について確認するたびに何ページもめくるタイムロス感半端じゃないです。

 

なので、教わった後、余裕があるときにすぐ見直して言葉が足りないところは補足すること。で、さらに後日でも別の見やすいものに清書できたらなおよし、という感じです。

 

3:質問する相手を間違えない

だいたい、教育係のような形で誰かひとりつけてもらえるとは思います。なので困ったときはまずその人に質問することになるはず。しかし、その人も毎日いるとは限らない…!

 

わたしに主に仕事を教えてくれるのは、お子さんのいるパートさんで、朝中心。わたしがバイトに入った数日のあいだもお子さんの懇談でお休みされてましたし、そもそもわたしはその方のお休みの穴埋め及び午後中心に雇われたので、ゆくゆくはあまりかぶらなくなるのだと思います。

ということは!質問は誰に…?とオロオロすること必至。

 

とりあえずざっくりでもいいから仕事内容のジャンルを把握して、このジャンルはこの人に聞くんだな!というのを見定めるのが大事かと思われます。わたしも早々に「ごめん、これはあの人に聞いてくれる?」とかなっちゃったのですが、それってお互い時間のムダですよね…。忙しい職場、ムダはなくしたい。

あとは、誰に質問していいかもわからなければもう、雰囲気で聞きやすい人に聞いております。

4:休憩スポットを確保する

慣れない8時間パンプス勤務、単純に足が疲れますしもちろん気疲れもあるので休憩はしっかりしたい!と思っております。

バイト先の方々は皆さんいい人そうですし、お菓子を与えてくれたり話しかけてくれたりしますが、常にお仕事が忙しそうなのでその場にいても正直わたし、存在が邪魔では…?という感じ。申し訳なさがあります。

 

なので、なるべく隔離された場所でちゃんと休憩することを選んでいます。自分のためにもまわりのためにも!と信じて。ビル内の休憩所を教えてもらったので、そこでがっつり無にならせていただいております…。

それに一旦ちゃんとリフレッシュすることは、ちゃんと仕事するためにも必要だと思います。前職はあってないような休憩だったなー!

5:空調に合わせた服装で働く

注意しているポイントというか…、これは通い始めて気づいたことです。

思ったより暑い!

わたしが暑がりなのもありますが、常にきちんとした空調が効いているオフィスなのです。バイト中はヒートテックにニット、その上にジャケットを着ていたのですが、資料の整理や配布物を持って倉庫と受付を行き来、などしていると…暑かった…。

 

ジャケットは必須アイテムなので、ヒートテックなくてもいいかもと思っています。とはいえ通勤中は寒いので、インナーダウンに興味が出てきました。

空調と作業に合わせた服装をすること、もしくは寒暖に合わせて調節できる服装をすること。快適に働くためには、意外と大事です。

まとめ

したことない仕事、いろいろあるな~と思いながら日々働いた2017年末でした。2018年も4日が仕事はじめ!なるべくミスしないようまじめに、しかしできるだけかろやかに働こうと思います。

 

というわけで2017年ももう終わり、皆さんお疲れさまでした!ハッピーホリデー!