町田まいにち

30代、仕事を辞めました。実家を出ました。

ライブ!憧れの、はしゃいでてかっこいい大人たち!

こんばんは、町田です。

ムーンストラックとは、狂気を意味することば。月のせいで気が触れる、みたいななりたちの語です。ジャンボリーはなんでしょう、真夏のジャンボリーのアレですね。検索したら、ボーイスカウトの大会。って出てきたんですけど…、まあなんらかの大会とかを指すのかな?と思います。人がたくさんいればそれがジャンボリーだ。

 

というわけで、7月22日土曜日、めちゃくちゃすきなバンドDOBERMANが主催する大阪の野外イベント、MOONSTRUCK JAMBOREEに行ってきました。

f:id:htnmachida:20170727223100j:plain

こちらはDOBERMANではなく、どう説明していいかわからないバンド、…バンド?赤犬

赤犬は歌う人ひとり、踊る人3人、後ろにはおよそ10人(日によってあれ?あのパートの人がいない…ということが多々)のビッグバンドを従えるグループです。説明しても説明しきれません。謎すぎるこの画像そのままの人たちです。

後ろのバンドの人たちがめちゃくちゃいい、ハリのある、迫力のある、かっこいいバンドで、ギターベースドラムはもちろん、トランペットトロンボーンサックスパーカッションキーボード、ヴァイオリンまでいて、わーっといろんな音が聞けて豪華なんですが、だいたい前の4人に目を奪われてしまいがちでほんと贅沢っていうかムダづかいなんです!(ほめことば)

 

イベントはこの妙なバンド赤犬から始まって大盛り上がり…、わたしも早々に酔っ払いました。ほんとに暑い日だった!

f:id:htnmachida:20170727225024j:plain

ちなみに会場は、 大阪は服部緑地野外音楽堂。DOBERMANは大阪のバンドなのです。関西弁はやわらかめ、おしゃべりも案外やわらかめです。

上の写真に写っている大きなヒトガタは、ボーカルの吉田田さんの教え子たち(美術系のアトリエをされています)の作り上げたもの!人が入っていて動かしています。Tシャツ、頭のてぬぐい、VANSのスニーカーなどなど、本物そっくりに作っていてすごかった!VANSってとこがまたいいです。顔はちょっとこわかったです…。

f:id:htnmachida:20170727223156j:plain

夏木マリさんも!

バンドを背負って出演していました。かっこよかったー、脚出して。この日はほとんどのバンドが写真撮影オッケー、夏木マリさんもステージ上でオッケーを出されたのでみんないっぱい撮ってました…!

他に出演バンドは、浅草ジンタ、KEMURI、UKULELE GYPSY(MONGOL800キヨサク)、SCOOBIE DO。みんなにこにこしてるし、会場うろうろしてるし、ほんとにハッピーなイベントです。だいたいの出演者を仲良くなって呼んだりしてる感じがまた愛しい。出る方が毎回あんまり変わらないのもご愛敬…!

 

最初の写真にもトーテムポールの絵の布が写ってましたが、会場の装飾が凝ってておしゃれなのもこのイベントの特徴です。毎回違ったコンセプトに合わせて手作りしていてときめきます。文化祭というか、お祭りというか、なおかつやってる方も楽しそうなので観に行くこちらとしても完全に楽しいです!

 

わたしは赤犬と浅草ジンタで立て続けに前方エリアで踊っていたので、お昼過ぎにはちょっとヘロヘロ気味になってしまいました…、いや、でも楽しくて。赤犬はめちゃくちゃ笑えるし、毎回写真オッケーで変な写真がめちゃくちゃ撮れるから撮るのも楽しいし、友だちとヒャー!って言い合うのにも忙しいし。

浅草ジンタも観るたび発見があります。煽るのがお上手で、特にこの日はユーフォのヤスシさん?がノリノリで客席煽ってくれてたので盛り上がりもすごかった…。すごかった。わたしはギターのシンジさんがバランス崩さずまわっているところを見るのがすきです。体幹~!と思う。

 

その後はだいぶ後半になって、SCOOBIE DOで再び前方へ。ちょっと暑さにやられかけてたんですが、友だち複数で観られてはしゃげて、楽しくなっちゃいました。安定のSCOOBIE DO。SCOOBIE DOは常に、完成されてる感じ、パフォーマンス!っていう感じ…ライブで瞬間的に思うことを掘り起こして文字にするって難しいですね。

「夕焼けのメロディー」という曲では、他のバンドの管楽器の皆さんが勢揃いで登場!圧巻だったなー。ほんとこのイベントだけの!っていう感じですばらしくうれしかったです。震えます。赤犬のトランペット&トロンボーンの方々なんて、赤犬ではしゅっと立って演奏してるのに、自由にワーッとやってるのは初めて見たのでつられてワーッと楽しい気持ちになりました…!

 

そして続けてDOBERMAN!

かっこよかったー、暑いなか観るDOBERMANもやっぱりかっこよかったー。語彙がなくなるー。

ただ、8人いるので全然ワンショットにおさめられないんですよね…。開き直って半分しか写ってない写真、しかもキーボードのけんちゃんがアコーディオン持って前に出てて(写ってない)、他の7人が全員待機中の様子。

f:id:htnmachida:20170727223417j:plain

DOBERMANは現在、ギター×2、ベース、ドラム、キーボード、トランペットとトロンボーン、そしてボーカルの8人。スカバンドらしいんですがスカって何なのかいまだよくわかりません。わからなくて大丈夫。でもこの、揃いのジャケットの感じ、かといってインナーと靴は各自のセレクトな感じ(おしゃれ)、あとゴリゴリに楽しそうで自由なところ、最初に数年前のこのイベントで観たとき、ほんとうにびっくりして、いっぺんにすきになりました。

めちゃくちゃ格好いいので、他のバンド目当てにこのイベントに来たという人にもわーDOBERMANかっこいいなって思ってほしいんですけど、でもライブ行きづらくなったらいやだから知られてほしくないような複雑な気持ちも…!フー。

 

当日、会場内ではDOBERMANメンバーが冷水の入ったバケツを持って歩いていて、すきに近寄って行って持ってるタオルなどを濡らさせてもらえる、という炎天下ならではのサービスもありました。わたしも手ぬぐいを浸しました、生き返ったー!

自分らで発案して、とりあえずなんでも自分らでやる、みたいなところも魅力のひとつです。Tシャツ手刷りしたり、CD手作業で真空パックしたり。もうほんとなんていうかそのままでいてほしい…!ついでに言うとアルバム出してほしいし古いCD物販に置いてほしい…!

これは新しめのCDです!

 

さらに余談ですが、吉田田さんに会場内で遭遇してうれしくてにこにこしていたら、「いちばん楽しんでる!(おれが)」と声をかけられ肩を叩かれました。最高。何の宣言なの最高。