町田まいにち

30代、仕事を辞めました。実家を出ました。

【おすすめ漫画】あと8冊で追いついてしまう(新刊26巻発売中!)

こんにちは、町田です。バレーボール、すきですか。 

前回『ハイキュー!!』について書いた記事はこちら。↓

www.machida2017.com

14~18巻の感想です

烏野高校排球部、春高に行くための県代表決定戦がしばらく続いています。

18巻まで読み進めた現在、まだしばらく試合続くなーって感じなんですが、この5月に出た新刊が26巻…、えっこのペースでいくと26巻って何してるの…?

この漫画自体どこまでいくのか、例えば『ちはやふる』とか読んでると、あっこれは高校3年間で終わらせるんだな、とか思うんですけど、『ハイキュー!!』はどういう…どういうつもりで…。

進級して後輩ができて、それはそれでいろいろあって、みたいなのも見たい気がするんですが、『弱虫ペダル』とかね!?変わった後輩ができたり先輩を失った穴の大きさに震えたり、他校も変わってたり、そういうのもきっとおもしろいんですけど。

でも先輩がいなくなるの単純に寂しい。ペダルも寂しかった。

 

話を戻して、まあとにかく春高予選ですよ。

 

何月なのかな、10月くらい?学校によっては先のインターハイ予選で3年生がすでに引退していたりします。3年生は負ければ最後、一緒に公式戦にはもう出られない。部活を去ってしまう。“最後”は全員に重くのしかかりつつ、しかし同時に全員を強くもしている。まぶしい。眩い。

17巻あたりがまた熱いです。青葉城西、青葉城西のおまけ漫画、あと心の折れない西谷…!西谷のこといつも信じてる…!

縁下さん!

縁下さんの活躍もみられてよかったですね。縁下さんの名前、縁下力でエンノシタチカラってどれだけ脇役ネームだよ!って思ってたけど 、なんのなんの、立派な先輩でした。

3年には3年の、2年には2年の同級生の繋がりがあるのも見ていてすごい、いい。

これまでの失敗や未熟さをお互いに知っていて、だからこそ頑張ったときに、うまくいったときに一緒になって喜べる。積み重ねてきた時間を感じます。こんなに信頼し合えるのすごくないですか。疲れて汚れた心と目に沁みます。

もちろんライバル校たちにもそれぞれに築いてきたものがあって、それなのに勝敗が決まる、勝つ者がいれば必ず敗れる者がいるっていう残酷さも付き物なんですけどね!そこもまた良い!

 

しかし18巻はびみょうなとこで終わったなー、続き早よ早よ。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ