町田まいにち

30代、仕事を辞めました。実家を出ました。

【おすすめられ漫画】人間、なにかを信仰しがち

こんにちは、町田です。今日ふとスマホの電話帳を見たら、登録件数が39414件と表示されていて動揺しています。どう考えてもそんなに無いわ。

今日はさくっと漫画の話です。

アイドルモノ…じゃなかった

血が飛んでますもんね、表紙。『偶像事変~鳩に悲鳴は聞こえない~』です。

犯罪者に課される特別プログラム「SRTP」がこの作品の肝で、性欲とか暴力の?欲求?を抱くと気持ち悪くなって吐いたりしちゃう人になる、というもの。未成年は死刑にできないけどあまりに酷い犯罪があったからどうしよう、ということで導入されたという近未来設定。新しいですね。

で、そのプログラムと、スーパーアイドル柊せらを巡って発生する事件、のお話。

表紙がアイドルだからそのあたりゴリゴリに推してくるのかと思いきや、アイドルはアイドルでもタイトルの通り偶像とそれを崇拝する者たち、という感じです。

f:id:htnmachida:20170612100349p:plain

せらは神になる…のか…!?偶像とその熱狂的信者、煽動される大衆、という構図はすきです。いや、こわいけど。暴動になるのもこわいし、じわじわどこかへ向かっていってしまっているのもこわい。

でも起きている事件のこわさのわりには、過激な漫画に見えない不思議。主人公のリアクションが意外と薄いからでしょうか。例の更生プログラムに関わったお仕事をする眼鏡男性なんですけど、ほんとこの人になんとかできるのかな。真面目そうなだけで全然頼りない。まわりの登場人物で既に今後死にそうな人何人もいますけど大丈夫ですか。

3巻でいきなり終わったりしませんように

タイトルに戻ると、サブタイトルは~鳩に悲鳴は聞こえない~なのですが、鳩って平和の象徴ですよね。そこがどういう意味なのかなあ。平和ボケしてる人たちは悲劇に気づかないぜ!ってこと?それとも、ボクの悲鳴は届かなかった!ってこと?

2017年1月に1巻、4月に2巻と出て予告では秋に3巻発売となっています。ここに来てちょっとゆっくり…!3巻を待とうと思います。死ぬ系は嫌なんだけど、読んじゃったので見届けたい!

絵がきれいめで血は流れるけどグロくないので、わたしのように死ぬ系苦手な人も読みやすいはずです。事件モノとかに興味なかったら読めないかもしれません!

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ